2009年11月23日

The 4400: Promises Broken

4400 未知からの生還者 オルジナル小説 第4弾

プロマイシンの注射を強制しないという姿勢を貫き通すジョーダン・コリアー。さらに、能力者たちのリーダーとして、これ以上の政府との衝突を望んではいなかったが、自分を導く役目のはずのカイルが、なぜか政府を挑発するような行為を繰り返す...。

一方、NTAC捜査官のダイアナは、養女マイアの家出によるショックから立ち直れないでいた。コリアーたちとの接触を厳しく禁じ過ぎたせいで、マイアはプロミス・シティーに逃げ込んでしまったのだ。しかも、カイルやあの読心術を持つゲイリー・ナヴァロらと共に、今やコリアーの参謀となってしまっていた...。

>>続きを読む
posted by キント at 10:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

The 4400: Welcome to Promise City

4400 未知からの生還者 オリジナル小説 第3弾

ダニー・ファレルの能力によって、シアトルに撒き散らされたウィルス型プロマイシン。それに適応できる者は超能力を得るが、そうでない者は凄惨な死を迎える。その結果、約9,000人が新たに能力者となったが、同じ数の尊い命が失われもした。能力者による理想郷を創ろうとするジョーダン・コリアーとその信奉者たちは、この事件を「大躍進」と呼び、愛する者を失った人々は、生死を分ける確率から、それを「フィフティーフィフティー」と呼んだ。

それから2ヶ月。古い友人に呼び出され、密会に向かうNTAC捜査官のトム・ボールドウィン。その相手とは、かつては上司でもあったが、今では全く信用の置けなくなったデニス・ライランド。シアトルを占拠し、プロミス・シティーと名付けたコリアーによって市外に追放されてしまったライランドは、トムを利用してコリアーを失墜させようと企んでいた。もちろん、NTAC捜査官としてのトムにとってはコリアーは犯罪者ではあるが、息子カイルがコリアーと行動を共にしていると言う、一個人としては複雑な立場に置かれていた。そのため、ライランドなどに利用されまいと協力を拒むトムだったが、それを予測していたライランドは、トムをその気にさせる魔法の言葉を発する。「ダニーの遺体がどうなったか調べてみろ」と...。

>>続きを読む
posted by キント at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

The 4400: The Vesuvius Prophecy

4400 未知からの生還者 オリジナル小説 第1弾

4400センター内の学校に通うマイアたちは、アラーナに引率され、マウントレニエ国立公園へと向かっていた。そこにそびえるレーニア山は、マイアたちが"生還"した瞬間、目の前に見えた思い出の山であった。しかし、ようやく公園に到着すると、マイアはレーニア山が大噴火を起こすのを予知してしまう。そしてその時、山の頂上では、ダイアナが見知らぬ男に噴火を止めるよう頼んでいる姿も見えた。マイアには誰か分からなかったが、ダイアナはその男をD.B.クーパーと呼んでいた...。

>>続きを読む
posted by キント at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする