2009年11月23日

The 4400: Promises Broken

4400 未知からの生還者 オルジナル小説 第4弾

プロマイシンの注射を強制しないという姿勢を貫き通すジョーダン・コリアー。さらに、能力者たちのリーダーとして、これ以上の政府との衝突を望んではいなかったが、自分を導く役目のはずのカイルが、なぜか政府を挑発するような行為を繰り返す...。

一方、NTAC捜査官のダイアナは、養女マイアの家出によるショックから立ち直れないでいた。コリアーたちとの接触を厳しく禁じ過ぎたせいで、マイアはプロミス・シティーに逃げ込んでしまったのだ。しかも、カイルやあの読心術を持つゲイリー・ナヴァロらと共に、今やコリアーの参謀となってしまっていた...。

そんな折り、カリフォルニアで大地震が発生。コリアーは関与を否定するが、政府は能力者によるテロだと断定。NTACシアトル支局にも、全員退去の指令が下る。政府がプロミス・シティーに総攻撃を仕掛けるつもりなのは間違いなく、トムは息子カイルを、そしてダイアナはマイアの身を案じる。避難用の飛行機に乗せられたトムとダイアナは、マルコのテレポート能力でギャリティーらと共に、密かに地上へと引き返す。

衛星からのレーザー攻撃で、コリアーたちの本部は一瞬にして崩壊。間一髪で脱出できたコリアーたちは、戦場と化した町を通り抜け、避難場所を求めてショーンのいる4400センターを目指す。

そんな光景を見ながら、一人ほくそ笑むデニス・ライランド。ついに、あの新兵器を使うべき時が来たと。極秘で3名の優秀な科学者に製造させていたのは、人体を傷つけることなく、能力を消すことができるプロマイシン中和爆弾であった。あれを爆発させれば、コリアーたちは普通の人間に戻ってしまうのだ。この功績が認められれば、政府の要職に就くことも夢ではない。極秘の研究所に連絡を取るライランドだったが、科学者も爆弾も消えてしまっていた。実は3名の科学者とは、宿主を替え、別人となった刻印ある者たちの生き残りであり、彼らはライランドを騙して全く別の兵器を作っていた。

NTACシアトル支局に籠もり、外の世界をモニターするマルコたちの前に現れたのは、ライランドだった。自分の立場が危うくなったライランドは、かつての部下たちの協力を求めに来たのだ。偵察から戻ってきたトムとダイアナは、ライランドも連れて、安全な4400センターへと急ぐ。

奇しくも4400センターに集うことになったNTAC、コリアー一派、そしてライランドをショーンは迎え入れる。立場の異なる4者が仕方なくも協力し合い、ライランドが雇った科学者たちが刻印ある者たちであったこと、そしてイエローストーン国立公園で強力な反物質爆弾を爆発させ、人類の滅亡を企んでいることを突き止める。

トムやダイアナたちは刻印ある者たちの計画を阻止するため、センターを離れることに。だがその時、マイアがトムを呼び止め、プロマイシンを打つべき時が来たと告げる...。

やがてセンターに軍隊が突入し、残ったショーンやコリアーたちは応戦に追われる。その混乱の中、カイルは自身の能力であるキャシーから、コリアーを殺して代わりに生還者のリーダーになれと誘惑される。必死に抵抗するカイルに、前にもコリアーを暗殺したでしょうとキャシーは囁く...。

* * *

前作『The 4400: Welcome to Primise City』の続きとなる完結編。今回は戦争アクションものになっていて、これを実写でやるとなると、かなり予算が掛かりそうなので、もしTVシリーズが続いたとしても、こういう展開は無理だったかも知れませんね。

ついにプロマイシンを打ったトムの能力とは? 刻印ある者たちの計画を阻止できるのか?...などは、ご自分で読んで確かめて下さい。完結編とは言いながら、まだまだ続けられるような終わり方になっています。それに、このお話の締めくくりにはこう記されています。

"Here ends the First Saga of The 4400"

The 4400: Promises Broken
The 4400: Promises Broken
posted by キント at 10:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
英語は赤点を取ったことがあるぐらい苦手、
誰か〜!訳して! 結末知りたい〜!
Posted by 英語は苦手おじさん at 2010年03月28日 01:23
シリーズ復活して欲しいなあ
シリーズ復活が無理ならスペシャルで
英語解読できんし・・・・
Posted by 樽者 at 2010年03月31日 22:51
>ご自分で読んで確かめて下さい。

読めるもんなら読んでますが、英語本は
読めません!!

お願い!! 訳して〜!
Posted by 読みたい! at 2010年06月19日 02:32
ドラマで見たかったですね…
最後はハッピーエンドだといいな
Posted by 銀 at 2012年03月10日 02:13
最後の更新から数年経ったブログに、コメント頂けるなんて、とてもウレシイです。

ちゅーか、未だに邦訳された本が出てないんですね。出しても売れないでしょうし、仕方ないか。結局、海外でも続編小説は出てないようですし。
Posted by キント at 2012年03月14日 20:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133672882
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック